iran-air

選択肢

  1.  機体の老朽化
  2.  原油価格の上昇
  3.  サウジへの対抗

 

今年1月に経済制裁が解除されたイラン。

1979年に米国の経済制裁が始まって以来、石油製品及びミサイルなどの軍事関連製品の輸出が禁止されていました。 国営イラン航空は、小型機はオランダのFokker社の10年前後の機材を使用。

ただ、大型のジャンボ機は、なんと1982年以前の機材。 老朽化が問題となっていた中、今回、ボーイング80機、総額1.9兆円分を大人買い。 経済制裁解除で、米国政府も承認したため、実現しました。

エアバスでなく、ボーイングにしたのは対トランプの外交的な配慮があってのこと。 「米経済を支える」とし政治的な恩義を一つ売ったようです。

 

正解は、1の「機体の老朽化」です。

関連情報:http://www.afpbb.com/articles/-/3111024

FBのメッセンジャーで、毎日のニュースがクイズ形式で楽しみながら学べます。

fbnewbot-v3-enlarge

12/13/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。