%e3%82%bf%e3%82%bf%e8%a3%bd%e9%89%84

選択肢

  1.  中国による価格破壊
  2.  英国のEU離脱
  3.  多角化経営からの脱却

 

タタ製鉄は、欧州が売上の6割を占め、実は欧州中心の会社。 そのタタ製鉄ですが、ここ2年は赤字に転落し不振。

理由は、中国鉄鋼企業の供給過剰により、価格破壊が急速に進んだためです。

世界の鉄鋼企業トップ20の半分は中国企業。 中国企業が、価格競争すれば、業界は壊滅的です。 中国の供給過剰は、収束の目処が立たず、タタ製鉄は、リストラを推進。

特殊鋼は非中核であることから、売却先を探していました。

欧州委員会は、今月、ついに中国製のダンピングに対抗して、高関税を導入することを決定。 今度は、中国の鉄鋼メーカーの整理が加速化していきそうです。

 

正解は、1の「中国による価格破壊」です。

関連情報:http://jp.ibtimes.com/articles/1674423

FBのメッセンジャーで、毎日のニュースがクイズ形式で楽しみながら学べます。ぜひお試し下さい。

fbnewbot-v3-enlarge

11/29/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。