Chinese President Xi Jinping (L) listens to U.S. President Barack Obama during a joint news conference in the Rose Garden at the White House in Washington September 25, 2015.  REUTERS/Kevin Lamarque

選択肢

  1.  過去にない
  2.  ここ10年で1件だけ
  3.  毎年10件程度

 

グローバリズムとナショナリズムのバランスは、政府にとって難しい課題。

企業買収でも、セキュリティを考え、時として政府は買収を拒否します。 日本の場合は、ここ10年であったのは1件だけ。 英投資ファンドが、電源開発のJパワーの20%株主になるのを拒絶。 外資系ファンドを警戒していた時期でした。

最近、各国が敏感なのは、中国企業による買収。 豪州政府は、中国企業による電力公社の買収を拒否。 今回、オバマ氏が拒否した有機化合物半導体の製造装置会社の買収も、中国系ファンドによるもの。

軍事技術が中国に渡るのを恐れてのものです。

 

正解は、2の「ここ10年で1件だけ」です。

関連情報:http://news.livedoor.com/article/detail/12236722/

FBのメッセンジャーで、毎日のニュースがクイズ形式で楽しみながら学べます。

fbnewbot-v3-enlarge

12/5/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。