ordermade

選択肢

  1.   スーツの値上がり
  2.   一人当たりの着数の減少
  3.   団塊世代の引退

 

スーツ市場は2000億円ですが、6年間で3割も減少。 クールビズやスーツを着ないIT企業による影響も大きいですが、一番は団塊世代の引退。

47−49年生まれは700万人おり、昨年50年生まれが65歳を迎え定年。 縫製工場も、過去30年間で5万箇所も閉鎖し、倒産が止まらない状況。

そんな中、近年伸びているのが、オーダーメイドのスーツ。

昔は富裕層向けでしたが、価格も下がり、一般ビジネスパーソンの手の届く価格になりました。 直営の製造小売が、在庫を持たずにできるのが、既製品と同じ価格でできる理由です。

ファストファッションとオーダーメイド、アパレルも二極化してきそうですね。

 

正解は、3の「団塊世代の引退」です。

関連情報:http://biz-journal.jp/2016/04/post_14660_3.html

FBのメッセンジャーで、毎日のニュースがクイズ形式で楽しみながら学べます。

fbnewbot-v3-enlarge

12/1/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。