%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc

選択肢

  1.  官房長官
  2.  外務大臣
  3.  総務大臣

 

国務長官は、外務大臣に近いポストですが、通商問題も扱い、政権の重要な意思決定を行うポスト。 そのため、政権の支持率にも影響し、慎重に選ぶ必要があります。 日米関係も、国務長官と一義的には話すため、日本にとっても非常に重要な問題です。

今回、候補に上がっているのは3人。 ペトレアス元CIA長官、コーカー米上院外交委員長、元大統領候補のロムニー氏。

中でも、コーカー氏は、タカ派で日本の軍事強化に肯定的な発言をしており、トランプ氏の主張と重なります。 コーカー氏になった場合、東アジアの地政学は大きく変わる可能性もあります。

 

正解は、2の「外務大臣」です。

関連情報:http://blog.kajika.net/?eid=1003448

FBのメッセンジャーで、毎日のニュースがクイズ形式で楽しみながら学べます。ぜひお試し下さい。

fbnewbot-v3-enlarge

11/29/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。