%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e7%89%a9%e6%b5%81

選択肢

  1.  配送単価の下落
  2.  ガソリン代の上昇
  3.  配送トラブルの増加

 

ネット通販を支える宅配サービス。 ヤマト運輸は、取扱量が年10%増え好調。

しかし、大口顧客への割引合戦が激しく、単価は年々下落。 10年前に比べると、10%安くなっており、宅配は平均560円、DM便は57円となっています。

一方、人件費は高騰しているため、各社利益を出すのに苦労。 佐川は、アマゾンとの契約を切り、単価を上げるも、売上は増えなくなりました。

ネット通販は、運送会社にとって禁断の果実となっています。

一番の打開策は、2割を占める再配達を減らすこと。 駅等での宅配ロッカーの設置に本気になっているヤマト、これが普及すれば、配送料はもっと安くなりそうです。

 

正解は、1の「配送単価の下落」です。

関連情報:http://toyokeizai.net/articles/-/143342

fbnewbot-v3-enlarge

11/21/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。