cyberdein

選択肢

  1.  ロボ損保
  2.  アクティブ・ケア
  3.  ケアレス・ミス

 

「HAL」は、脳が手足を動かそうとする生体信号を読み取り、動かしてくれるロボットスーツ。

ALSの治療にも使われる医療ロボですが、日本では診療点数がドイツに比べて1/3と経営的に苦戦。 今回、AIGと組み、様々な損保保険商品に活用されることが発表。

その目的は、病気や事故を未然に防ぐ「アクティブ・ケア」。

例えば、危険な作業が伴う建設現場で、負荷やリスクの低減のためにHALの使用を推奨。 また、その使用データを分析すると、保険商品の価格も人に合せて最適化できます。

事故後だけでなく、事故予防をカバーすることで、ロボットスーツビジネスは、新たな境地が開けそうです。

 

正解は、2の「アクティブ・ケア」です。

関連情報:http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1611/22/news037.html

fbnewbot-v3-enlarge

11/24/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。