aiwriter

選択肢

  1.  AIが単語を選び人間が文章化
  2.  AIが書いたのを人間が補正
  3.  AIが全てを記述

 

中部経済新聞が70周年記念の記事をAIに執筆させたことが話題に。 記事を生成したのは、データセクションという会社のAI。

過去記事を学習させ、同社の歴史や展望をテーマに記事を生成させました。 仕上がりの記事を3つのブロックに分け、各冒頭の文を、人間が作成。 AIは、これらの人間に作成された文頭を引き継ぎ、それに続く文章を生成。 文章の誤植や語尾などを人間が修正して完成させました。

完全にAIで書くというのは、質の面でまだ厳しそうです。 しかし、AIが前処理をし、人間の時間を節約してくれるケースは、今後広がっていきそうです。

 

正解は、2の「AIが書いたのを人間が補正」です。

関連情報:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/04/news097.html

FBのメッセンジャーで、毎日のニュースがクイズ形式で楽しみながら学べます。

fbnewbot-v3-enlarge

12/1/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。