%e8%bb%8a%e3%81%ae%e8%bc%b8%e5%87%ba

選択肢

  1.  Jカーブ効果
  2.  V字回復
  3.  ピケティ効果

 

円安になると、海外で日本からの輸出品が売れるというのは、実は非常識。

3/4の商品は、価格を変えないため、販売量も増えず、単に利益を円にする時に大きくなるのが現実です。

ところが、利益はすぐには出てきません。 円安になると、最初は原料の調達で赤字が膨らみ、その後暫くして売上が増大。 一旦、赤字になってから黒字になるので「Jカーブ効果」と呼ばれています。

リーマンショック以降、「Jカーブ効果」は減少傾向。

製造業が、海外生産を急激に高めたためで、現在では、円安による利益増加は昔よりかなり少なくなっています。

 

正解は、1の「Jカーブ効果」です。

関連情報:https://www.pictet.co.jp/archives/36425

fbnewbot-v3-enlarge

11/27/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。