opec

選択肢

  1.  米国
  2.  ロシア
  3.  イラク

 

OPECが8年ぶりに減産に合意。 このカギを握っているのは、サウジアラビアとロシアとイラン。

量的には、輸出量世界2位のロシアが減産に協力したのが大きいと言えます。 石油の輸出が財政に大きな割合を占めるロシアは、イランと欧州向けの供給で競争。

今回はイランが、減産とはいかないまでも、制裁前の水準に生産量を戻すことで、ロシアも譲歩。

一方、サウジもイランと対立していますが、財政事情が厳しく、原油価格が上がることを優先し、イランに譲歩。

3カ国の微妙な思惑が合致し、今回、減産が合意されました。 裏で軍事的な駆け引きもある原油事情、合意に至ったのは奇跡的といえます。

 

正解は、2の「ロシア」です。

関連情報:http://media.yucasee.jp/posts/index/15148?la=0012

FBのメッセンジャーで、毎日のニュースがクイズ形式で楽しみながら学べます。

fbnewbot-v3-enlarge

12/2/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。