c0ca43896fad28df6a5927995829c3d72

選択肢

  1. 日照時間の減少
  2. 発電システムの販売不振
  3. 電力買取価格の下落

 

太陽光発電関連業者の倒産が増加が増加しています。 太陽光発電は、2009年に住宅用の固定買取価格が始まって以降、大きなブームとなっていました。

しかし、技術革新もあり、システムの価格は年々下落。 10年前に比べて半分近い価格になっています。

電力の固定買取価格も減少しており、ブームは縮小。 パネルの販売等では十分な利益を取れなくなっているようです。

システム販売業者、設置業者も、ブーム時に甘い見通しで立てた計画が倒産の大きな要因。

ブームでも、価格が右肩下がりの新規ビジネス、慎重さが必要のようです。

 

正解は、2の「発電システムの販売不振」です。

関連情報:http://bit.ly/2fcOCMS

fbnewbot-v3-enlarge

11/2/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。