seibo

選択肢

  1.  公平な評価制度の浸透
  2.  経済不況の影響
  3.  若い世代の脱「昭和」

 

部屋が埋まるほど届いた時代のあったお歳暮。 30年位前までは、上司や先生にお歳暮を贈らなければ失礼と言われる時代でした。

それが今や、お歳暮市場は、30年前の3割に縮小しています。

お歳暮の減少傾向は、「公平・公正さ」が普及したことと関係しています。 会社では、評価制度が導入され、お歳暮を拒否する上司も増加。 先生であれば、もはや受け取る方が稀です。

また、取引先からも、公正さのために、お歳暮を受け取るのを禁止にしている企業も少なくありません。

送り先も、個人情報保護が浸透し、聞かないと得られなくなった現在。 お歳暮文化が消えていくのは、自然の流れにあるようです。

 

正解は、1の「公平な評価制度の浸透」です。

関連情報:http://www.toushin-1.jp/articles/-/2312

FBのメッセンジャーで、毎日のニュースがクイズ形式で楽しみながら学べます。

fbnewbot-v3-enlarge

11/20/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。