blackfriday

選択肢

  1.  リアルの店が増加
  2.  オンラインが減少
  3.  モバイルが急増

 

米国では、感謝祭であるサンクスギビングの夜中から、ブラックフライデーセールを実施。 今年は、リアルのお店での売上が、10%以上減少する結果になりました。

一方で、オンラインショッピングは、昨年より21%増え、3600億円の記録的な売上。 中でも、モバイルでの購入が1/3を占めるほどに成長。 お店に行かずに、モバイルで済ます傾向が顕著になっています。夜中にお店に並ぶお祭り風景も、数年後には消えていそうですね。

オンラインショッピングの台頭で、年々ユーザの買い物状況は変化。 今年も、サイバーマンデー併せて、どうユーザが変化していっているのかに注目が集まります。

 

正解は、3の「モバイルが急増」です。

関連情報:http://www.reuters.com/article/us-usa-holidayshopping-idUSKBN13L0ZH

fbnewbot-v3-enlarge

11/28/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。